【モンキーターン】第3話の解説と見どころ『初めての競艇』

第3話のあらすじ『競艇はギャンブル?』

萩原とのレースに負けた波多野は監督から競艇選手になるように勧められる。

しかし、波多野は「競艇ってギャンブルじゃん」という思いから、あまり乗り気ではない。

その考えを直させるために、監督は波多野を競艇場に連れていく。

萩原が出走するレースを見た波多野は何を思うのか?

第3話のハイライト『モンキーターン炸裂!』

上のコマは、萩原がモンキーターンを決めたシーンだ。

モンキーターンはこの作品のタイトルにもなっている重要な言葉だ。

通常、競艇の選手はターンの前に艇のスピードを落としてターンマークを回る。

全速力でターンの姿勢に入ってしまうと、曲がり切れずに艇が外に流されてしまうからだ。

しかし、モンキーターンは違う。

フルスピードでターンマークに向かい、艇の上で立ち上がってバランスを取ることで通常のターンよりも早いターンを可能にした。

数多くいる競艇選手の中でも、モンキーターンができるのは一部の選手に限られる。

萩原も何度も転覆を繰り返しながら、この必殺ターンを手に入れたのだ。

第3話の競艇勉強会『ターンマークとは?』

モンキーターン3話競艇

競艇のターンマークとは、ターンするときにまわる三角形の物体のことだ。

通称で『ブイ』ともいわれる。

ターンマークは2つあり、競艇場を上から見たときに、スタートラインの右側のターンマークを第1ターンマーク、左側のターンマークを第2ターンマークと呼ぶ。

競艇のレースは2つのターンマークを回りながらスタートしてから3周したらゴールになる。

1周が600mなので、3周で1,800mのコースということになる。

スタートした直後の第1ターンマークの攻防は重要で、レース結果の8割はここで決まると言われている。

もちろん、接戦時は2回目以降のターンマークでの選手同士の駆け引きも見逃せない。

競艇を楽しむコツは、ターンマークでどのような攻防が行われているかに注目することだろう。

今日のヒロイン『水も滴るいい女』

モンキーターン3話ヒロイン

競艇選手には女性のレーサーも多数在籍している。

上のコマは、レースで1着を取ったあとの萩原が控室に戻るシーンだ。

水面スレスレを時速70kmで走る競艇は、体への負荷も大きい。

生身で艇に乗っている選手には風が直接当たるからだ。

一仕事終えた満足感のある表情の萩原は実に魅力的だ。

少し汗をかいているところもとてもいい。

何気ない一コマだが、、ヒロインの可愛さがつまった良いコマだと言えるだろう。